The True Face of CREATE

クリエイトの素顔

創業以来、求人広告のパイオニアとして、東京を中心とした近県各地に独自の媒体とネットワークを構築してきたクリエイト。全社員の約8割を20〜30代の若い世代が占めており、どの事業所も常に活気に溢れています。男女比はおよそ2:1。営業同行や日々の会話から、異性ならではの発想の違いを知り、営業活動の参考にしているという人も。出身学部もさまざまで、体育学部や芸術学部卒の一芸に秀でた社員もいます。個性豊かな仲間に囲まれ、あなたらしさを思いっきり発揮してください!

Media Service

人と企業をつなぐ
クリエイトの事業

求人広告を出発点とし、人材の育成、企業PR、商品の販売促進など、さまざまな分野で社会貢献に努めてきたクリエイト。
地域と密着した付加価値の高い情報提供力は業界屈指と自負しており、現在、手掛ける媒体は、新聞折込からインターネットまで多岐にわたります。
 これからは、クライアントのご要望に最大限にお応えするため、ひとつの媒体を効果的に使う、色々な媒体を戦略的に組み合わせるなど、柔軟な発想力が不可欠です。クリエイトにはあなたのチカラを生かせる場がたくさんあります!

Original Media Service

求人広告媒体

新聞折込求人紙
クリエイト

毎週日曜日の朝刊に新聞と一緒に各家庭に配布している求人紙。東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城を中心とした首都圏で、読売、朝日、産経新聞(一部・毎日、東京新聞)の朝刊に折り込んでいます。地域密着をモットーとし、厚い信頼と確かな支持をいただいています。

求人フリーペーパー
クリエイト仕事発見

東京をはじめ、関東地区の駅・コンビニ・スーパー・ファミリーレストラン約4,000箇所にラックを設置し、求職者の自宅にも直接送付されるフリーペーパー。求人情報サイト「ジョブターミナル」・「バイトジャングル」と連動し大きな効果を狙っています。

インターネット求人情報サイト
クリエイト転職
クリエイトバイト

就職・転職の「クリエイト転職」、アルバイトの「クリエイトバイト」。求人企業と求職者のニーズに合わせた、スマートフォンにも対応可能の機能・コンテンツ。ネット・折込・フリーペーパーの3媒体セットで相乗効果を生んでいます。

Voice of CREATE

クリエイトで働くよろこび

本社第二営業部(2013年入社)
岡村 祐太

学生時代からアルバイトや趣味のバドミントンを通して、幅広い年代の人と関わってきた経験が、今の仕事に生かされています。人と接することが好きだったので、やるなら営業職と思っていましたが、さまざまな業界の人と知り合える求人広告営業が一番自分に合っていると感じて、クリエイトを志望しました。お客様の問題を解決するために一生懸命提案したことを受け入れてもらって、しかも良い人材を採用できたよと報告してもらったときには、この仕事をしていて本当に良かったと思います。「ずっと岡村さんに担当してほしい」と言ってくださるお客様の期待に応えられるように、経験を積んでもっと成長していきたいですね。

歴史ある地域密着の安心感。

クリエイトさんとは、15年のお付き合いがありますが、50年近くの歴史があり、地域に密着をした営業活動をされているので安心感があります。

本社第二営業部(2014年入社)
鈴木 萌美

私が手掛けた仕事の中でも特に印象深いのは、200名以上ものオープニングスタッフの募集時に、試行錯誤しながら考えた提案が通ったこと。お客様と一緒に一から大規模な募集広告を作ることはとてもやりがいがあり、その経験は大きな自信になりました。また、私の広告を見て応募したという方から「クリエイトのおかげでいい会社に入れました」と言ってもらえたときは、本当に嬉しかったです。壁にぶつかることもあるけれど、適切なアドバイスをくれる先輩に恵まれているので一人で悩むことはありません。週末はオーケストラでホルン演奏を楽しみ、オンとオフのバランスをしっかり取りながら、充実した日々を送っています。

対応が早くて頼りになります。

いつも迅速に対応してくれます。ただ、早いだけではなく、いろいろなバリエーションや納得のいく説明があり、頼りにしています。

Zadankai

だからクリエイトで働きたい!

営業の最前線で働く3人が、クリエイトの風土や仕事のやりがいについて本音でトーク。実際に働いてみて初めて分かったクリエイトの魅力とは?

「仕事も遊びも手加減ナシ!」がクリエイト流

本間:二人はクリエイトってどんな雰囲気の会社だと思う?
加瀬:社歴の近い社員同士だけでなく、上司と部下、他部署間の仲も良い。仕事上はあまり接点がない先輩も、「最近どう?」って声をかけてくれたりして、すごく温かいと思います。
村田:確かに社内の風通しが良いですよね。先輩も上司も話しやすい人が多いし、飲み会や社員旅行では上司自ら目いっぱいハジケて、「仕事も遊びもこれぐらい本気で楽しめ」とお手本を見せてくれる。
本間:僕が入社した当時の上司もまさしくそんな人。ミスをして叱られた日も、夜の飲み会では無礼講。一緒になってバカ話をして、気まずくならないようフォローしてくれたな。
村田:それはかっこいい上司ですね。まさに今の本間さんじゃないですか(笑)。
本間:あれ、嬉しいんだけどなんで目が笑ってるの(笑)?

さまざまな業界の内側が見られる求人広告の仕事

村田:僕がこの仕事をしていて面白いと思うのは、普段は見られない業界の内側を知れること。医療や福祉など専門外のことも、求人広告制作を通してお客様が教えてくれるから、視野が広がり人として成長しているという実感がありますね。クリエイトの媒体は地域密着型が売りだから、自分が生まれ育った街みたいに、担当エリアに詳しくなれるのも面白い。
加瀬:それはあるかも。でもはじめは分からないことだらけで、悔しいミスもありました。かなり落ち込んだけれど、一生懸命対応したことが、逆にお客様との距離を縮めるきっかけになったのかな。あれ以来、関係が一段深くなった気がします。
本間:なるほど。僕の上司はいつも「クレームはチャンス」と言っていたけれど、その通りだと思う。クレームやミス対応は本来なら気が重い場面だけれど、お客様の本音が聞ける絶好の機会でもある。そこを克服できれば今まで以上の大きな信用を得られるって。そうやって頑張り次第でネガティブからポジティブへと転じられる所も、営業職の醍醐味だよね

「十人十色」がクリエイトのカラー

本間:営業って一見、トーク上手な人が有利な仕事だと思われがちだけど、案外そうでもないと思わない?
村田:それはある。口数が少ないけれど好成績を出している人を観察してみたら、的を射た質問で話を引き出すのが上手いと気付いたことがあります。浮ついた印象が無い分、相手から信頼してもらいやすいのかも。お調子者の僕が言うのもなんですが(笑)。
加瀬:村田さんはいつも成績優秀じゃないですか。でも私も就職活動中は人見知りで口下手だと思っていたけれど、この仕事が好きで続いているから、自己分析や先入観に縛られすぎない方がいいのかなって思います。
本間:社内を見回してもキャラクターはさまざまだし、とにかくダメ元で頑張って会社と一緒に成長しよう、という気持ちのある人なら、のびのびと楽しく働けるはず。一人ひとり個性はいろいろだけれどベクトルは一つ。どんなことでも仲間とフォローし合って乗り越えようという風土が、この会社の最大の魅力であり武器だと思う。
村田:さすが「会社の顔」! 心に刺さる名言が炸裂してますね。
本間:ねえ、さっきから目が笑っている理由を、デキる営業マンらしく的確に説明してくれ(笑)。

Message from PRESIDENT

いっしょにクリエイトしよう

クリエイトの強みは?という質問に、私は迷うことなく「営業力」と答えます。大切に思うものは?という質問には、迷うことなく「社員」と答えます。私たちは「求人」という目には見えないモノをあつかっています。競合他社の多い求人広告という業界にあって、なぜクライアントがわが社を選んでくれるのか。答えは、営業マンへの信頼です。
クリエイトでは、あなたの人間力が営業力となり、あなたの営業力が、クリエイトの実績を築いていくのです。
どんどん意見を言ってほしい。自分で考えて行動してほしい。負けず嫌い。のぞむところです。
人が働くことをやめない限り、求人広告という業界はあり続ける。
私はこの業界の未来に大きな可能性を実感しています。
さあ、いっしょに進んでいこう。
いっしょに未来をクリエイトできるあなたを待っています。

代表取締役社長 井崎 貴之